生きる・学ぶ・働く

~子ども・若者とともに進路をひらく~

「冬のセミナー2018」のお知らせ

 

 

テーマ:社会的養育と社会・学校のあり方を考える 

    -全ての子どもの成長・発達保障の視点から

 

報告:早川 悟司さん(児童養護施設「子供の家」の施設長) 

            「子供の家」 http://www.kiyose-kodomonoie.com/

 

   他、現場からのお話

 

日時:2018年2月3日(土) 13:30~16:30 (開場は13:15)

 

 

場所:武蔵野プレイス・スペースC(下記、地図参照)

 

 

資料代:500円(学生は無料)


―冬のセミナーへのお誘い―

 

 都内の私立高校で専任の心理職として働いています。

 

 ここ1.2年、「要保護児童対策地域協議会」関連の事例会議に出席するケースが増えました。対象となる生徒が増えたためです。協議会主催の研修会への参加要請の回数も多くなっています。もちろん、小・中学校でもケースが急激に増えていることは言うまでもありません。

 

 今年8月に、厚生労働省より「新しい社会的養育ビジョン」が発表されました。記者プレス用の資料は74ページと膨大です。養護施設の関係者である全進研の世話人は、※数値をあげて「性急な里親化の問題」に警鐘を鳴らしています。

 

  「社会的養護」をめぐるここ最近の動向は、学校現場で働く者として、是非とも学んでおきたいところ。

 

 また、「全ての子どもの成長・発達保障」という視点から見れば、広く、子ども・青年にかかわる人が共に学びたいテーマです。以上のような思いをもって、冬のセミナーの企画としました。各方面から、たくさんのご参加をお待ちしています。

 

※数値をあげて「性急な里親化の問題」に警鐘を鳴らしています。

 ◎5歳階級別の死亡率(人口10万人対)を基に5歳ごとの死亡数を出し合計すると、

 里親…0.806人   児童養護施設…4.691人となりました。

 

◎それぞれの3年間の平均死亡数との比率を出すと

  里親 4人÷0.806人 ⇒ 4.92倍  一般家庭の約5倍の死亡率になります。

  児童養護施設 3人÷4.691人 ⇒ 0.64倍となります。

 

◎ちなみに、4.92÷0.64 ⇒ 7.348となり、里子の死亡率は、児童養護施設入所児童の約7倍になります。


会場:武蔵野プレイス(JR:武蔵境駅南口)


「秋のセミナー2017」が開催されました


「夏のセミナー2017」開催されました


「春のセミナー2017」が開催されました。

■ 2017年5月14日(日)

■テーマ〜「過労死防止対策推進法」が制定されたもとで〜

「過労死社会」と学校〈Ⅱ〉

   講演:川人博さん(過労死弁護団全国連絡会議幹事長)

   実践報告:北條薫さん(都内私立高校社会科教員)

        高校社会科での「働くこと/労働法制」についての授業実践から。

 

 ⇒ セミナーのまとめはこちら


「冬のセミナー2017」が開催されました

テーマ : インクルーシブ教育実施への道すじを探る 

                 ―ともに生きる社会の創造をめざして

日 時 : 2017年2月5日(日) 13:30 ~ 16:30

場 所 : 武蔵野プレイス 3FスペースC (中央線武蔵境駅南口すぐ)

 

   ⇒ セミナーの内容・報告のまとめはこちらから


「秋のセミナー2016」が開催されました

テーマ:夜間定時制高校のリアル / さらなる統廃合はゆるされない!

   特別講談   : 「83歳の女子高校生球児」 講談師:田辺凌鶴さん

   シンポジウム : 「定時制高校 / 夜間定時制」

日時:11月26日(土)13時45分〜 武蔵野市西部コミュニティセンター 

 

  ⇒ セミナーの内容・報告はこちらから


「夏のセミナー2016」が開催されました

講演:「これでよいのか 日本の教育改革 ―地域社会と教師の共同を求めて―」

講師:山本由美さん(和光大学教授)

日時:7月31日(日) 10時30分~16時30分  場所:東洋大学白山キャンパス

 セミナーの内容・報告は ⇒ こちらをご覧ください

 


「春のセミナー2016」が開催されました。

テーマ : 「LGBT]ってなんだろう? - 互いのちがいを受け入れ、尊重し合う学校•社会をつくるためにー

日時 : 5月14日(土) 14時~16時半    場所 : 武蔵野市民会館 地下集会室

 

セミナーの内容は  ⇒ こちらをご覧ください


2/13「冬のセミナー2016」が開催されました

「中教審」が現場に求める教育と       私たちがめざす教育

日時:2016年2月13日(土) 14時~16時30分

会場:武蔵野プレイス スペースC(3F) (JR中央線武蔵境駅南口すぐ)

報告:今泉博さん(前北海道教育大学副学長、元都内公立小学校教員、全進研世話人)

 

 集会の資料・まとめは ⇒こちらです


11/28「秋のセミナー2015」が開催されました

「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律(案)」を通して、学ぶとは、学校とはどんなところかを問い直そう!

日時:11月28日(土)13時30分~16時30分

会場:武蔵野市民会館(JR中央線武蔵境駅北口 徒歩5分)

 

集会報告(まとめ)は ⇒こちらです

 


8/2「夏のセミナー2015」が開催されました

講演    :「奨学金」“ブラックバイト”に見える進路教育の課題

          大内 裕和さん(中京大学教授)

シンポジウム:「学び」を奪われた若者たちの現状と教育の責任


          ※ セミナーのまとめは「研究資料室」に掲載しました ⇒参照


全進研は、子ども・青年たちのアイデンティティの形成を援け、自分自身の生き方をみずから見出し、主体的にきり拓いていくことのできるちからを育てる本来の進路教育・進路指導の理論の確立実践をめざし、研究している民間教育団体です。

会への参加者は、小・中・高校・大学の教職員・保護者・研究者など幅広く、ここ数年来、 青年たちの直接参加が広がってきています。

進路教育・進路指導は、わたしたち自身の進路、もっと言えば世界人類の進路をも視野にいれたときにはじめて、 共に学ぶ教育活動として成立するのだと考えています。


2/8冬のセミナー①

2/8冬のセミナー②

2/8冬のセミナー③