生きる・学ぶ・働く

~子ども・若者とともに進路をひらく~


「春のセミナー2019」のおしらせ


 

■ 2019年 5月18日(土)

     13:30〜16:30 開場13:15

■ 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス DE教室

  JR山手線/総武線:秋葉原駅【電気街口】徒歩1分/ダイビル12階 

  ※地図参照

 

若者が社会の作り手と感じられる社会へ!

ーー スウェーデン社会と若者政策に学ぶ ーー

報告:両角達平さん

●1988年生まれ、駒澤大学非常勤講師、文教大学所属生活科学研究所研究員(常勤)、静岡県立大学国際関係学研究科CEGLOS客室研究員、ストックホルム大学教育学部修士。●【社会活動】中高生施設職員交流会TEENS、シティズンシップ教育フォーラム、NPO法人Rights理事、内閣府子ども若者育成支援点検評価会議構成員(2011年)、国際シンクタンクYouth Policy Labsオフィスチーム(ベルリン)、YEC(若者エンパワメント委員会)創設・元代表・サポーター(静岡)

 

 20192月24日、沖縄で「県民投票」が行われました。「辺野古新基地建設(普天間基地移設)」をめぐる賛否を問う、それを求めた若者たちの強い願いが全県(全自治体)実施にこぎつけさせたもの。政府は、その結果を待つこともせず、土砂投入という「実力行使」を続け、盛り上がることを避け(諦めさせ)ようとしましたが、投票率は過半数を超え、70%を超える人たちが明確に「反対」の意思を表明しました。直前2回の知事選で得た「翁長」「玉城」票を超えています。一方で、有権者比「絶対投票数は1/3」と過小に評価するメディアもありました。この国の「民主主義」が改めて問われています。

 選挙のたびに「若者の政治離れ」が語られます。高齢者層の投票率が比較的高いことから「シルバー民主主義」と揶揄されることもしばしばです。しかし、現在の60〜70歳世代は、彼らが20代の頃から投票率(政治参加)は70%前後を保っています。仮に、現在の若者世代の投票率30%台が当然視されるのなら、この国が、民主主義を標榜することができるのかは、甚だ疑問です。「18歳選挙権(2016〜)」が行使され、2022年からは「18歳成人」と法的整備が進みます。長く「大人にしない国」と呼ばれてきたこの国で、「大人になる/大人にする社会」のあり方について議論が求められているようです。

 今日、北欧型の民主主義が、一つの社会モデルと見なされています。若者支援政策でも数歩も前を行く、スウェーデン社会の実態を学び、私たちの「主権者教育」を進め「若者/社会政策」考える機会です。ぜひご参加ください。      ※「若者が社会の作り手と感じられる社会へ」は、両角さんの活動の原点です。

 

               資料代:500円 /学生無料 


「冬のセミナー2019」が開催されました


■ 2019年 2月 3日(日)/13:30〜16:30 開場13:15

■ 武蔵野市民会館 2階講座室  JR中央線:武蔵境駅【北口】徒歩6分 /武蔵野市境2−3−7 0422−51−9144

 

新大学入学共通テストをめぐってー英語の4技能評価・外部検定試験の導入をどう考えるか!

特に、そのことで小学校〜中学校〜高校〜大学の教育はどう変えられようとしているのか?

報告:瀧口優さん(白梅学園短期大学教授、新英語教育研究会会長)

著書:「『苦手』を『好き』に変える英語授業」(大修館書店/2003):共著「実践につなぐことばと保育」(ひとなる書房/2011)、「どうする小学校英語—英語ぎらいを出さないために」(大月書店/2006)、「小学校えいごワン・ツー・スリー(1)〜(3)」(フォーラムA/2006)ほか多数。=世界の児童文学、小学校英語指導法/授業

 

 2020年度から日本の大学入試が変わる―英語においては、リスニング(聞く)とリーディング(読む)中心のセンター試験を廃止し、その2技能にスピーキング(話す)・ライティング(書く)を加えた4技能を評価するために民間の資格・検定試験(TOEFLTOEICGTEC、英検など7種)を活用。

 これに伴って、小学校の「外国語(英語)活動」を34年生に引き下げ、56年生では英語を「教科」と定め、小学校で600700語程度の単語を覚え、中学校では英語の授業を「基本的に英語」で行い、中学までに学習する語数は1200語から16001800語に、高校では1800語から最大2500語に!

 そもそも、学校現場の条件整備もほとんどないまま大学入試で4技能を全受験者に問うことがどれだけ意味があることでしょうか。何よりも民間の試験は、学習指導要領に依拠していません。費用も高価で難易度も内容もバラバラです。これでは英語の豊かな学びが、民間試験対策に振り回され、英語嫌いに拍車がかかる危険性も指摘されています。

 「グローバル人材育成」という産業界からの要請を優先して進む今の流れに、英語教育に携わっている方だけでなく、日本の教育に、日本社会の将来に、関心を広げながら交流していけるセミナーにしていきたいと思います。 

 

 資料代:500円 /学生無料 

 

  主催●全国進路指導研究会 

 HP  http://zenshinken.jimdo.com/ 

 Email  zenshinken@hotmail.com

 

   後援●武蔵野の教育を語る会


「秋のセミナー2018」が開催されました


テーマ:「通信制高校」ってどんなところ?


「夏のセミナー2018」が開催されました

テーマ:「8050問題から、子ども・若者の育ちと学校教育の課題を考える」


「春のセミナー2018」が開催されました

◇日時: 2018年5月13日(日)13:30〜16:30 (開場13:15)

◇場所:武蔵野プレイス スペースC

◇テーマ:「教育産業」が支配する?学校教育!!

 

     〜高大接続(そして中高接続も)を考える〜

報告:小池由美子さん(埼玉県立高校教諭)


「冬のセミナー2018」が開催されました

テーマ:社会的養育と社会・学校のあり方を考える 

    -全ての子どもの成長・発達保障の視点から


「秋のセミナー2017」が開催されました


「夏のセミナー2017」開催されました


「春のセミナー2017」が開催されました。

■ 2017年5月14日(日)

■テーマ〜「過労死防止対策推進法」が制定されたもとで〜

「過労死社会」と学校〈Ⅱ〉

   講演:川人博さん(過労死弁護団全国連絡会議幹事長)

   実践報告:北條薫さん(都内私立高校社会科教員)

        高校社会科での「働くこと/労働法制」についての授業実践から。

 

 ⇒ セミナーのまとめはこちら


「冬のセミナー2017」が開催されました

テーマ : インクルーシブ教育実施への道すじを探る 

                 ―ともに生きる社会の創造をめざして

日 時 : 2017年2月5日(日) 13:30 ~ 16:30

場 所 : 武蔵野プレイス 3FスペースC (中央線武蔵境駅南口すぐ)

 

   ⇒ セミナーの内容・報告のまとめはこちらから


「秋のセミナー2016」が開催されました

テーマ:夜間定時制高校のリアル / さらなる統廃合はゆるされない!

   特別講談   : 「83歳の女子高校生球児」 講談師:田辺凌鶴さん

   シンポジウム : 「定時制高校 / 夜間定時制」

日時:11月26日(土)13時45分〜 武蔵野市西部コミュニティセンター 

 

  ⇒ セミナーの内容・報告はこちらから


「夏のセミナー2016」が開催されました

講演:「これでよいのか 日本の教育改革 ―地域社会と教師の共同を求めて―」

講師:山本由美さん(和光大学教授)

日時:7月31日(日) 10時30分~16時30分  場所:東洋大学白山キャンパス

 セミナーの内容・報告は ⇒ こちらをご覧ください

 


「春のセミナー2016」が開催されました。

テーマ : 「LGBT]ってなんだろう? - 互いのちがいを受け入れ、尊重し合う学校•社会をつくるためにー

日時 : 5月14日(土) 14時~16時半    場所 : 武蔵野市民会館 地下集会室

 

セミナーの内容は  ⇒ こちらをご覧ください


2/13「冬のセミナー2016」が開催されました

「中教審」が現場に求める教育と       私たちがめざす教育

日時:2016年2月13日(土) 14時~16時30分

会場:武蔵野プレイス スペースC(3F) (JR中央線武蔵境駅南口すぐ)

報告:今泉博さん(前北海道教育大学副学長、元都内公立小学校教員、全進研世話人)

 

 集会の資料・まとめは ⇒こちらです


11/28「秋のセミナー2015」が開催されました

「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律(案)」を通して、学ぶとは、学校とはどんなところかを問い直そう!

日時:11月28日(土)13時30分~16時30分

会場:武蔵野市民会館(JR中央線武蔵境駅北口 徒歩5分)

 

集会報告(まとめ)は ⇒こちらです

 


8/2「夏のセミナー2015」が開催されました

講演    :「奨学金」“ブラックバイト”に見える進路教育の課題

          大内 裕和さん(中京大学教授)

シンポジウム:「学び」を奪われた若者たちの現状と教育の責任


          ※ セミナーのまとめは「研究資料室」に掲載しました ⇒参照


全進研は、子ども・青年たちのアイデンティティの形成を援け、自分自身の生き方をみずから見出し、主体的にきり拓いていくことのできるちからを育てる本来の進路教育・進路指導の理論の確立実践をめざし、研究している民間教育団体です。

会への参加者は、小・中・高校・大学の教職員・保護者・研究者など幅広く、ここ数年来、 青年たちの直接参加が広がってきています。

進路教育・進路指導は、わたしたち自身の進路、もっと言えば世界人類の進路をも視野にいれたときにはじめて、 共に学ぶ教育活動として成立するのだと考えています。


2/8冬のセミナー①

2/8冬のセミナー②

2/8冬のセミナー③